リーフチェック田辺・沖ノ島西 (紀伊半島) (2018) 調査結果

調査地点名紀伊半島 田辺 西崎サンゴ(沖ノ島西) (和歌山県)
調査日2018/10/13
チームリーダ冨弥充
チーム科学者土川仁
開催者NPO法人自然体験学習支援センター
コーラル・ネットワーク
参加人数5人
水深3m

月齢4.0
潮名中潮
天候
気温23℃
水温海面24℃
-3m24℃
-10m
透視度10m
岸からの距離2.7km
河口からの距離4km
河口の幅11-50m
集落からの距離5km
集落の人口70000人
水深 -3m (浅)
底質 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
ハードコーラル 0 1 0 0
10.250.50.625
ソフトコーラル 0 0 0 0
0000
最近死んだサンゴ10 91720
56145.35435
富栄養化の指標となる海藻 0 1 1 0
20.50.5771.25
海綿類 0 1 0 0
10.250.50.625
30272217
96245.71560
0 1 0 1
20.50.5771.25
0 0 0 0
0000
シルト 0 0 0 1
10.250.50.625
その他 0 0 0 1
10.250.50.625
魚類調査 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
チョウチョウウオ類 1 2 0 3
61.51.291
イサキ類(コショウダイ類) 0 0 020
20510
フエダイ類 0 0 0 0
000
サラサハタ 0 0 0 0
000
ハタ類(30cm以上) 0 2 0 1
30.750.957
メガネモチノウオ 0 0 0 0
000
カンムリブダイ 0 0 0 0
000
ブダイ類(20cm以上) 0 0 0 0
000
ウツボ類 2 0 0 3
51.251.5
無脊椎動物調査 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
オトヒメエビ 0 0 0 0
000
ガンガゼ類 4 1 2 1
821.414
パイプウニ 0 0 0 0
000
シラヒゲウニ 0 0 0 0
000
ナマコ類 0 0 0 0
000
オニヒトデ 0 0 0 0
000
シャコガイ類 0 0 0 0
000
ホラガイ 0 0 0 0
000
イセエビ類 0 0 0 0
000
被害・ゴミ調査 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
アンカー被害0000
000
ダイナマイト被害0000
000
その他の被害0000
000
魚網屑0001
10.250.5
その他のゴミ0000
000
コメント田辺・沖ノ島西 2017
【S】
調査ポイントは、田辺湾の中央部にある沖ノ島の西側(外洋側)で、ミドリイシ類の大きな群体の上にラインは設置されている。 エンタクミドリイシが優占しているが、ニホンミドリイシも多い。 HC(生きた造礁サンゴ類)の割合は54%であり、昨年の63%から減少している。 2017年8月に付近を通過した台風5号の影響があると思われるが、見た目ではあまり変化を感じない。 所々に死んで白くなった部分のあるサンゴがみられたが、オニヒトデやサンゴ食巻貝は見られず、高水温による白化、あるいは、病気が疑われる。 腫瘍のできたテーブル状サンゴが1群体あった。 今回の調査では、NIA(富栄養化の指標となる海藻)がみられなかったが、例年は春に調査を行っていたが、今年は秋に実施したためと思われる。 また今回、OTが0であったが、ライン直下だけでなく周辺を見ても、イソギンチャク類が減ったように見えるが、原因はわからない。 魚類調査では、チョウチョウウオ類が多く見つかったが、黒潮に乗って流れ着いた南方種が多く、これも秋に調査を行ったためと思われる。 無脊椎動物では、ガンガゼ類が平均7.25個体と、やや多めであった。 なお、今回の調査では、これまで並行して調査ラインを設置していた中深度の調査は行わず、近く(北に約40m。沖ノ島北)の別の群体での調査を行った。


表示形式の変更
 この調査の区間値を表示合計値を表示

実施表に戻る