リーフチェック白浜・権現崎 (紀伊半島) (2018) 調査結果

調査地点名紀伊半島 白浜 権現崎 (和歌山県)
調査日2018/10/14
チームリーダ冨弥充
チーム科学者土川仁
開催者NPO法人自然体験学習支援センター
コーラル・ネットワーク
参加人数5人
水深3m

月齢5.0
潮名中潮
天候
気温23℃
水温海面24℃
-3m24℃
-10m
透視度15m
岸からの距離0.1km
河口からの距離5km
河口の幅11-50m
集落からの距離0.4km
集落の人口22600人
水深 -3m (浅)
底質 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
ハードコーラル 0 0 0 0
0000
ソフトコーラル 0 0 0 0
0000
最近死んだサンゴ1123 518
5714.257.8935.625
富栄養化の指標となる海藻 0 0 0 0
0000
海綿類 0 0 0 0
0000
29173422
10225.57.50663.75
0 0 1 0
10.250.50.625
0 0 0 0
0000
シルト 0 0 0 0
0000
その他 0 0 0 0
0000
魚類調査 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
チョウチョウウオ類 0 5 0 1
61.52.38
イサキ類(コショウダイ類) 0 0 0 0
000
フエダイ類 0 0 0 0
000
サラサハタ 0 0 0 0
000
ハタ類(30cm以上) 0 0 0 0
000
メガネモチノウオ 0 0 0 0
000
カンムリブダイ 0 0 0 0
000
ブダイ類(20cm以上) 0 0 0 0
000
ウツボ類 0 1 0 1
20.50.577
無脊椎動物調査 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
オトヒメエビ 0 0 0 0
000
ガンガゼ類 0 1 0 2
30.750.957
パイプウニ 0 0 0 0
000
シラヒゲウニ 0 0 0 0
000
ナマコ類 0 0 0 0
000
オニヒトデ 0 0 0 0
000
シャコガイ類 0 0 0 0
000
ホラガイ 0 0 0 0
000
イセエビ類 1 1 0 0
20.50.577
被害・ゴミ調査 (浅)Seg1Seg2Seg3Seg4
合計平均標準偏差
アンカー被害0000
000
ダイナマイト被害0000
000
その他の被害0000
000
魚網屑0000
000
その他のゴミ0000
000
コメント白浜・権現崎 2017
【S】
調査ラインは、従来調査を行っていた四双島のポイントから、南西に約1200m、白浜の観光名所である白良浜のほぼ正面約400m、権現崎から約100mの所の、水深約3mmの岩盤最上部に設置されている。
2017-2018冬からの黒潮大蛇行による低水温でハードコーラルはほとんど死滅してしまった。
昨年はHCが52.5%であったが、今回は、始点の付近に、もしかしたらごく一部が生存しているかもしれない ミドリイシ類(エンタクミドリイシ)が2コロニー見られた他は、 周辺を含め、生きたハードコーラルはまったく見られなかった。
(調査ライン設置の位置が昨年よりも若干浅い側になってしまったが、 昨年調査を行った付近も含め、すべての種類のハードコーラルが全く見られなかった。)
また、9月に強い勢力を保ったまま、ほぼ真上を通過した2つの台風、台風21号(Jebi)および台風24号(Trami) による波浪で、死んだテーブル状サンゴが根こそぎ引きはがされ、なくなり、下の岩盤がむき出しに なっている所も多い。
陸上でも、調査ポイントから100m足らずの権現崎では岩の崩落などの被害が多く見られる。
なお、本ポイントでは、中深度の調査は行わず、北西に約500m離れた円月島の浅い深度で調査を行った。


表示形式の変更
 この調査の区間値を表示合計値を表示

実施表に戻る